日本語の練習 第29週 Japanese Practice Week 29

2020年06月14日「日」第29週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

日本語の ベント

先週の水曜日、その歯医者に行った。歯医者は親知らずを八個抜きました。「珍しいケース」と言った。口の中に痛い。頭が痛くてグルグルだ。薬のせいのか?僕は早くすぎ起きたのか?おそらく両方だ。スープとアップルソースを飲んだ。食欲がないのだけど、薬を飲まないとから、食べ物を食べないと。最近、日本語や法化学やパイソンを勉強しませんでした。勉強しないとけど、今は勉強しにくいだ。それに、運動してできない。水曜日から今までちょっと悪いだ。

とにかく、火曜日、新しい筆ペンが来ます。書道を気になります。

Grammar Notes

[というのは]

As you will remember from last time とis like a quotation marker. Add this together with いう can be translated to say or to call. This grammar point comes after the subject that you want more information on. For example,

Ex: あの男の人が声優だというのは嘘だろう。(That man isn’t really a “voice actor”, right?)

In this sentence you are curious if this person is a voice actor or not. So, you in this case you are using [というのは] to get more information.

[ということは]

This is similar to [というのは] and it works in the same way as well. Another way you can use this grammar point though, is using it to clarify a topic that is being discussed.

Ex: 戦争だということは何ですか。(What is “war”?)

Note: You can also use a more casual form: [っていうのは・っていうこと].

Also, from these grammar points you can pull [どういう意味・という意味] to sound more natural when asking and answering questions. This translates to “what does “    ” mean” and “this is what ”    ” means” respectively.

Ex: ポケモンっていうのはどういう意味ですか。(What does “Pokémon” mean?)

ポケットモンスターっていう意味です。(It means “Pocket Monster”.)

Dialogues

[歯医者が怖い]

A: 姉ちゃん、どうせればいい?

B: どうしたの?

A: 歯が痛いだ。

B: じゃ、歯科医院に行こうよ。

A: 歯医者が怖いだから、いやだよ。

B: 君はもう子供じゃないよ。きもい。君の歯茎は出血をしている。

A: 分かっているよ。行こう。

[これは必要ないだろう]

A: いらっしゃいませ。今日はどうなさいますか。

B: シャンプーとカット、お願いします。

A: カットはどうしますか。

B: こんな感じにしてください。

A: えと。。。本当にいいですか。

B: はい。僕はコスプレイヤーです。

A: かしこまりました。(「ただ、かつらを着用する。方の髪はきれい。もったいない。」)

[The dentist is scary]

A: Sis, what should I do?

B: What’s wrong?

A: My tooth hurts.

B: Well, let’s go the dentist’s office.

A: I’m afraid of the dentist, so no.

B: You’re not a child anymore. Ugh gross. Your gums are bleeding.

A: I know. Fine. Let’s go.

[This isn’t necessary, right?]

A: Welcome. What would you like today?

B: A wash and a haircut, please.

A: How would you like it cut?

B: Make it look like this, please.

A: Uh… are you sure?

B: Yeah. I’m a cosplayer.

A: Understood. (“Just wear a wig. This person’s hair is beautiful. It’s such a waste.”)

ヒビキのにっき

ハウー君と一緒にマリエ庭園に届いた。この場所は大きい湖があるだ。ラプラスと湖に泳ぐかな。どんなポケモンはここにいるかな?ワクワクする!あ、そうだ。ククイ博士はどこだっけ。リリィちゃんとたぶんククイ博士がいます。あ、彼を見つけたけど、リリィちゃんがいない。彼はアイス屋にいました。ホクラニ山は次の場所ですね。

あ、リリィちゃん。。。ね、質問があるよ。答えてくれませんか。え、図書館に行きたいのか。じゃ、一緒に行こう。ちょっと待って。あ、消えた。あの彼女はいつも迷子になりますよ。もう。ハプちゃんもいた!ハプ、久しぶりよ。ほら、コチャマ、君はバンバドロになったよ。すごく誇りに思っていますよ!

とにかく、リリィちゃんを見つけないと。あ、リリィちゃんは図書館の前にいた。奇跡だ。彼女は古い本に探しています。不思議な女の子は私たちに手伝ってもらいました。じゃ、読みましょう。。。。太陽のビーストか。。。月のビーストか。。。まさか、ウルトラビーストのか?!すごい。童話似ていたけど、おそらく事実みたいですね。さ、10番道路に行こう。

電気タイプポケモンは次のトライアルにいますか。じゃ、コチャマ、よろしく!この道路にはオニドリルがたくさんいます。は~弱くて頭が悪いスコル団のしたっぱ。いつ習うのかよ?!10番道路のトレーナーも弱いけど、お前たちは執拗だ!よし、決めた。この団を速く倒しないと。あ、ビヤコはしんかんしていた!かっこいそうだ!れすらーみたい!そして、彼はDDラリアットを習ていた!偉い!偉い、ビヤコ!

とにかく、なぜおまえたちはバス停を取ってつもりのカ。こいつ!さ、ククイ博士とホクラニ天文台にいきます。もっと強いトレーナーを戦い。え、ククイ博士、リーグって何?「あとで」と言いましたか。じゃ、いいけど。

Hibiki’s Journal

I arrived at Malie Garden with Hau. This place has a big lake. I wonder if I’ll swim in the lake with Lapras. I wonder what kind of Pokémon are here. I’m getting excited! Oh, right. Where is Professor Kukui, again? Lillie might be with Professor Kukui. Oh, found him, but Lillie is not here. He was at the ice cream shop. Hokulani Mountain is the next place, huh?

Ah, Lillie … hey, I have a question. Will you answer me? Huh, you want to go the library. Well, let’s go together. Wait a minute. Ah, she’s gone. That girl always gets lost. Geez. Hapu was there too! Hapu, it’s been a while. Look, Kochama, you became a Mudsdale. I’m so proud of you!

Anyway, I have to find Lillie. Oh, Lillie was in front of the library. It’s a miracle. She is looking for an old book. A strange girl helped us. Well, let’s read it… beast of the sun? … beast of the moon? … No way, Ultra Beasts?! Wow. This book was similar to a fairy tale, but it’s probably true. Well, let’s go to route 10.

Are there electric type Pokémon in the next trial? Well, Kochama, I’ll leave it to you! There are a lot of Fearow on this route. Sigh It’s the weak and unintelligent Skull gang grunts. When will you learn?! The trainers on route 10 are also weak, but you guys are persistent! All right, I’ve decided. I have to take this group down fast. Oh, Biyako is evolving! Looks cool! Looks like a wrestler! And he learned DD Lariat! Great! That’s great, Biyako!

Anyway, why are guys trying to take the bus stop? These guys! Now, I’m going to Hokulani Observatory with Professor Kukui. I want to fight stronger trainers. Huh, Professor Kukui, what is a “league”? Did you say, “Later”? Well, that’s fine.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

日本語の練習 第28週 Japanese Practice Week 28

2020年06月07日「日」第28週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

日本語のイベント

先週はとても忙しいでした。従妹のために、引っ越してあげました。6時に始めました。10時に家に帰った。一人で重い物を運んでいた。従妹の彼氏が来てよかった。もっと速くし。疲れたから、勉強しにくいと思う。でも、頑張って勉強しました。

アマゾンでT8ドライバーと新しいパジャマを取り寄せました。先週の水曜日に来た。PS4は埃っぽいから、PS4は動作していませんでした。だから、T8ドライバーとキュチップでPS4を直して掃除した。できた!今、もっとゲームをします。本当に嬉しかったです。

それに、ペルソナ5ザ・ロヤルとドラゴンボールファイターズはいまセールので、速く買いました。そして、ファイナルファンタジー7リメイクデモをプレイしました。楽しいから、いつかたぶん買います。それとも、ユーチューブでプレイスルーを見ます。

あ、そ、そ、ホビーロビーで筆ペンと万年筆を買いました。この筆ペンが好きので、これから、漢字をもっと書きます。筆ペンのことビデオを見つけました。書道をたぶん習うのは楽しいです。それに、僕の手書きはちょっと下手だと思います。

筆ペンがかっこいいですね

Grammar Notes

[Particleと ]

This particle is frequently used within the Japanese Event and  Hibiki’s Journal segments so I think (と思う) it would be best to know (と知る) them, I would like to say (と言う).

と思う=Think that

と知る=Know that

と言う=Say that

For い-adj add と= to ___ that it is い-adj

For な-adj/noun, add だと= to ___ that it is な-adj/noun

Ex: あのアイスはまずいと思います。(I think that ice cream is disgusting.)

Ex: あの名探偵と知ります。彼の名前はコナン。(I know that great detective. His name is Conan.)

Ex: 友達は「良かったら、一緒に遊園地に行きませんか。」と言いました。(My friend said, “do you want to go to the amusement park together?”)

If you’d like to sound more casual around family or friends, you can drop the と/だとentirely. Next I will introduce another way to say the same thing.

On the opposite end of sounding more casual, there is being more formal (aka vaguer = more polite). You can accomplish this by using the passive voice we learned earlier.

と思われました=It is Thought that

と知られました=It is Known that

と言われました=It is Said that

Ex: 日本ではチップが必要じゃないだと思われました。(It is thought that tipping is not necessary.)

Ex: 風邪を引いてれば、マスクを着けるが必要だと知られました。(If you have a cold, it is known to wear a mask.)

Ex: アメリカより日本の方が安全だと言われました。(It is said that Japan is safer than America.)

The way these verbs are conjugated says to the listener that there is an expected way to do things. Or you wanted to tell someone what another person has said or thinks but want to name the person. But why not be more straightforward? This is teaching us a bit more of how the culture is in Japan.

It is a custom to have somewhat of a collectivistic way of thinking. Meaning that the group holds more priority over the individual. Meaning that to keep the peace of the whole it is best to read between the lines and sometimes speak in a vague way.

It has its benefits and its issues just like any other mindset. However, with this type of mindset, you can probably better understand the mindset of collectivistic societies in other countries as well (Japan, China, India, Russia, Brazil, Egypt, etc.) if you come from a more individualistic country.

[って]

This is the same as theとparticle. It is thought to be the shorter version of that particle. It is often used with 言う. [って] is also often dropped due to just wanting to sound more casual.

Ex: 待って!止まって!止まってって言うだ!(Wait! Stop! I said stop!)

Dialogues

[彫像クイズ]

A: 母ちゃん、今日、幼稚園でクレーで彫像を作りました。

B: え?見たい。

A: うん、いいよ。この彫像は何に似ているの?

B: わー、えと。。。犬の?

A: ちがう。ヒントを二つあげる。

B: うん。

A: 一つ:犬似ている。そして、二つ: 絵本「赤い乗馬フード」。

B: あ、分かった。狼でしょう。

A: 正解!

B: よく作った。

[ファイナルファンタジー7リメイクはちょっと。。。]

アカネ: ザック、何をしてるの?

ザック: あ、アカネ。ファイナルファンタジー7リメイクデモをプレイしています。

アカネ: 買ってつもり?

ザック: うん、たぶん。

アカネ: もてないでしょう。

ザック: え?なんで?

アカネ: このゲームは60ドル。それに、このゲームはちょうど最初のゲームだよ。おそらくあと二つゲームがあるでしょう。

ザック: 高いだね。しかし、まだ買う。面白そうだし。

アカネ: ファイナルファンタジー7をプレイをしことがあるの?

ザック: ううん、でもアイリスはかわいい思う。

アカネ: かわいそうこと。

ザック: え?

[Sculpting]

A: Mom I made a sculpture out of clay at kindergarten today.

B: Eh? I want to see.

A: Sure. What does it look like?

B: Wow, uh… is it a dog?

A: No. I’ll give you two hints.

B: Okay.

A: One: It is like a dog. And, two: it was in the “Little Red Riding Hood” book.

B: Oh, I understand. It’s a wolf.

A: Yes!

B: You did a good job.

 [Final Fantasy 7 Remake is a little…]

Akane: Zach, what are you doing?

Zach: Oh, Akane. I’m playing the Final Fantasy Seven Demo.

Akane: Planning on buying it?

Zach: Yeah, probably.

Akane: That’s a waste.

Zach: Huh, why’s that?

Akane: The game is $60 and it’s not the whole game. I think there will be two more.

Zach: That’s expensive but I think I’ll still buy it.

Akane: Have you played Final Fantasy 7 before?

Zach: No, but Aeris is cute.

Akane: You poor thing. Good luck.

Zach: Huh?

ヒビキのにっき

ハノハノリゾートへ行きました。その前に、ハノハノビーチに行った。美少女は僕にサイコソーダをもらいた。間接キスって何?気持ち悪い。。。いらない。クロヒゲはヒトでマンを速く倒した。だから、ここにポケモンをもう捕まえませんでした。六匹ナマコブシは海に戻ってあげましたから、僕の給与は二万円!じゃ、ハノハノリゾートに行こう。

エーテル財団のチフに会いました。彼の名前はザオボーだ。エーテルパラダイスツアー?うん、僕は行く。ハウーくんも行きたいのか。さ、行こう。どんなポケモンを見ていますかな。ビッケに出会った。すごく嬉しいだと思う。彼女は僕とハウー君にツアーをしてもらいます。

僕たちはエーテル財団の会長に出会った。リリィ似ていると思う。彼女はルザミーネと申します。沸かそう。いくつのかなあ?40歳?!まさか、リリィの母?!ついに、不思議なポケモンに来た。ウルトラホールポケモン?!ウルトラビースト?!それはクラゲ似ている。くそ!捕まえたいけど、ここにはポケモンモンスターボールジャマーがある。あ、ウルトラビーストを消えた。あの。。。ルザミーネさんの笑顔がなんか変だろう?彼女はウルトラビーストも守りたいと言うけど、ルザミーネさんはちょっと怪しいだね。

とにかく、ウラウラじまに行きます。ハウー君が勝負を仕掛けてきた?えと。。。なぜ?あなたはまだポケモンが三匹いますよ。ハウー君はもっと強くなるけど、私たちの勝利だ!あ、そうだ。ククイ博士と僕たちはマリエ庭園似に合わないとね。さ、行こう。それに、リリィちゃんはルザミーネさんのことを聞きます。そして、リリィちゃん、あなたはホシグモちゃんとどこに出合った。

Hibiki’s Journal

We went too Hanohano Resort. Before that, we went to Hanohano Beach. The beautiful girl gave a soda pop. Uh, what is an indirect kiss? Disgusting… I don’t need it. Kurohige quickly defeated Starmy. So, I can’t catch Pokémon here anymore. Because I returned 6 Pyukumuku to the sea, my pay is 20,000 yen! Well, let’s go to the Hanohano Resort.

I met with the Aether Foundation Chief again. His name is Sauboh.  An Aether Paradise Tour? Yeah, I’ll go. Hau wants to go too? Let’s go. I wonder what kind of Pokémon I’ll see. I met Wicke. I think she is very beautiful. She took Hau and I on a tour.

We met the Aether Foundation’s president. I think she looks like Lillie. Her name is Luzamine. She seems young. I wonder how old she is. 40?! No way is she Lillie’s mother?! Suddenly, a mysterious Pokémon appeared. Ultra-Hole Pokémon?! Ultra-Beast?! It’s like a jellyfish. Darn! I want to catch it, but there’s a Pokéball Jammer here. Oh, it disappeared. Uh… Ms. Luzamine’s smile is sort of strange, isn’t it? She says she wants to protect the Ultra Beasts, but Ms. Luzamine is bit suspicious, right.

On another note, I’m going to Ula’ula Island. Hau challenged me to a battle. Uh… why? You still have three Pokémon. Hau has gotten stronger, but it’s our victory! Oh, yeah right. We must meet Professor Kukui at Marie Gardens. Let’s go. Besides, that I will ask Lillie about Ms. Luzamine. And, Lillie, where did you meet Nebby.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

日本語の練習 第27週 Japanese Practice Week 27

2020年05月31日「日」第27週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

日本語のエベント

一昨日、僕の誕生日です。お母さんは50ドル僕にもらいました。姉も50ドル僕にもらいました。もうすぐ服を買いたい。それから、妹はプレゼント僕にもらいました。ハリーポッターカップや飴やマンガは僕にもらいました。レンジとオーブンはすごく汚いから、マスクを着けて手袋をはめてレンジとオーブンを掃除しました。しかし、妹はレッドベルベットカップケーキを作りました。ケーキよりカップケーキの方がいいだと思います。すごくおいしかった。

昨日、家族と一緒に収納を掃除しました。その収納は埃っぽくて汚い場所でしたから、2時間ぐらいかかりました。今、きれいになりました。家に帰ったの時、テリヤキバーガーを作りました。それから、日本語やパイソンや法科学を勉強しました。すごく疲れたので、勉強すべきではなかったかもしりません。

PROGRESS

I have completed the first level of Japanese on LingoDeer. I still have speaking lessons to do, but I am going to keep moving onto the next level. With this new level, I will take it slower so that I can process the information more. The only reason why I was doing two core lessons at once on the first level is because I was familiar and comfortable with the grammar and the vocabulary.

This level starts out teaching plain form. Considering I speak and write in a polite format most of the time, this is challenging. However, I will keep moving forward.

On another note, I have achieved green belt on JA Sensei. I still have some lessons to finish but I want to work on learning more vocabulary before I finish up the lessons. So, I have started studying N4 vocabulary. I will N3 vocabulary as soon as I am done getting through all the new words, I am learning in N4. Then I’ll keep progressing to N2 and N1. I could do this with Kanji as well, but I will hold off on doing that because Kanji is a bit more difficult for me to remember than a big list of vocabulary.

GRAMMAR NOTES

Modifying Nouns

To modify nouns, you need to have a clause that gives more detail about the noun you want to talk more /provide more detail about.

The clause comes before the noun it is describing. You can handle this grammar in different tenses such as:

Present/future tense

Ex: 僕は会っている人はソラと言う。(The person that I am meeting is named Sora.)

Past tense

Ex: 食べた野菜は人参でした。(The vegetable that I ate was a carrot.)

Ex: 僕が乗っていた車はスバルでした。(The car I was riding in was a Subaru.)

A continuous situation

Ex: 信じている人は君だよ。(The person that I am believing is you.)

They can also be made into questions. This grammar point is always put into casual form, so you can drop the formalities and have だか instead of ですかafter using a question topic (どこ、だれ、どのぐらい、etc.) sentence.

Ex: あそこがどこだかしている。(Do you know where that place is?)

DIALOGUES

[遅滞]

A:ねえ、アカネ。一緒に図書館で日本語を勉強しましょうか?

B:いやだ。したくない。

A:でも、来週テストがあるんでしょう。

B:リオちゃんはマジすぎだ。つまり、私たちは1週間に遊ぶが必要あるよ。

A:前回の日本語のテストはどうだった?

B:I’m sorry I don’t know what you are saying.

A:日本語でOK。とにかく、テストの成績は何だったか?

B:さんじーにー

A:(3時2分?ワンピースのサンジは君の成績のか?)オーケーストップ。32点だったね。勉強しましょう。

B:バカでいいだよ、リオちゃん!さあ、来い、リオ!私と一緒にバカ戦隊に入会しよう!

A:いや、結構だ。勉強しましょう。

B:はい。

[映画を見よう]

A:映画館に行きたい人はいるの?手を挙げてください。

B:はい。行きたい。

C:ちょっと待った。どんな映画を見たいの。

B:アニメの関係の映画を見たい。

C:じゃ、行こう。君はまたドラゴンボールエヴォリューションを見るければ、罰が必要であるよ。

A:え。。。えっと。いや いや いや。新しい「ヒーローアカデミア」映画だ。

BとC: (嘘をつき)。それはいいの。君はあのアニメが嫌ー

A: とにかく。。。

BとC:(無視しないでよ。)

A:ドラゴンボールエヴォリューションはそんなに悪い映画ではないと思う。

B:あの映画は犯罪だ。

C:そうよ。

A:いいわよ。「ヒーローアカデミア」を見よう。

BとC:行こう。

[Procrastination]

A: Hey, Akane. Would you like to go study Japanese together at the library?

B: I don’t wanna.

A: But we have a test next week.

B: Rio, you’re too serious. That means we have a week to play.

A: Hey, how did the last Japanese test go?

B: [I’m sorry, I don’t know what you are saying]

A: In Japanese.

B: Swirty- t-

A: (3:02? One Piece’s Sanji was your score?) OK, Stop! 32 points, huh? Let’s study!

B: It’s okay to be an idiot, Rio. Now, come, Rio! Join the Idiot Squadron!

A: No, thank you. Let’s study.

B: Okay.

[Let’s watch a movie]

A: Who wants to go to the movie theatre? Please raise your hand.

B: Yeah, I want to go.

C: Wait a minute. What kind of movie do you want to see?

B: I want to see an anime related movie.

C: Then let’s go. If you want to watch Dragon Ball Evolution again, a penalty is necessary.

B: Well… Um… No, no, no. It’s a new “Hero Academia” movie.

B and C: But you hate that ani-

B: Anyway…

B: (Don’t ignore us.)

C: I don’t think Dragon Ball Evolution is that bad.

B: That movie is a crime.

C: Right.

B: Fine. Let’s see “Hero Academia”.

B and C: Let’s go.

ヒビキのにっき

町でデリバードを見た。この町は店がたくさんあります。わざマシンシャドークローを買いました。それから、ポケーセンに行った。ポケモンを直してよかった。ライチさんの店は石を売ります。面白い。彼女は石タイプポケモンが好きから、もちろんライチさんの店は石がありますね。さ、行こう。ライチさんここにいない。え。ダイノーズは僕に手紙をもらいた。この手紙はライチさんから。手紙は「命の遺跡で会います」と言った。いいよ。たてのかセキ買って出かけた。この化石はどう使うのかな。

わ、あそこにピカチュウが3匹います。行こう。ピカチュウがかわいい。ほしいな。トレーナーは僕にピカチュウZをもらいた。ピカチュウZって何?はっ、スコル団。ヤドンを売る。一体誰がヤドンの尻尾がほしいのか?エーテル財団もいた。え?なぜ僕はスコル団をまた戦うの?クロヒゲ、たのむ!簡単すぎた。

とにかく、命の遺跡へ進む。え?この彼女は誰?プルメリ。ケっまたスコル団。忙しいだから、放っておいてくれない。おいちょっと待って。僕はいじめ子じゃない。僕はスコル団とけんかするつもりはなかった。いいよ。分かった。君と勝負しますよ。負けるが楽しいのか?とにかく、命の遺跡に行こう。

リーリエちゃんもバネットもここに来た。ホシグモちゃん、遺跡が好きのか?不思議だね。今、ライチさんも来た。さ、ライチさんと勝負しましょう。ノズパスとガントルはクロヒゲとコチャマに任せて。すごい!ルガルガンがかっこいいだ。強いだ。キビダンゴ、たのむ!やった!僕たちの勝利だ!え?!コチャマとカオリが進化している!

ライチさんは僕にイワZをもらいました。あっ、忘れた。エーテル財団チーフは「ハノハノリゾートに行ってください。素晴らしいものを見せてあげる。」と言った。どうしてリーリエちゃんは不安しているのか?だから、どうして。あっ、ハウーくんだ。彼はライチさんを勝負したい。リーリエちゃんはポケモンの勝を見たい。さ、ポケーセンに行こう。そうして、ハノハノリゾートへ行こう。

Hibiki’s Journal

I saw a Deliberd in town. There are a lot of shops in this town. I bought a TM Shadow Claw. Then I went to a Pokémon Center. I’m glad my Pokémon are healed. Lychee’s shop sells stones. Interesting. She likes rock type Pokémon, so of course, her shop has stones. Let’s go. Lychee is not here. What? Probopass gave me a letter. This letter is from Lychee. The letter said, “I’ll meet you at the Ruins of Life.” Okay. I bought an armor stone and left. How do I use this fossil?

Wow, there are 3 Pikachu over there. Let’s go. Pikachu is cute. I want one. The trainer gave me a Pikinium Z. What is Pikinium Z? Ugh, Team Skull. Selling a Slowpoke? Who the heck wants a Slowpoke’s tail? The Aether Foundation is here, too. Huh? Why am I going to fight Team Skull again? Kurohige, I’m counting on you! It was too easy.

Anyway, we head for the Ruins of Life. Eh? Who is this girl? Team Skull again. I’m busy, so will you leave me alone? Hey, wait a minute. I’m not a bully. I didn’t intend to fight with Team Skull. Okay. Understood. I’ll fight you. Is it fun to lose? Anyway, let’s go to the Ruins of Life.

Both Lillie and Burnett came. Nebby, do you like the ruins? Strange, huh? Now, Lychee has come, too. Now let’s battle with her. I’ll leave Nosepass and Boldore to Kurohige and Kochama. Amazing! Lycanroc is cool. It’s strong. Kibidango, I’m counting on you! Yay!! We won! What?! Kochama and Kaori are evolving!!

Lychee gave me a Rockium Z. Oh, I forgot. The Aether Foundation Chief said, “Got to the Hanohano Resort. I’ll show you something wonderful.” Why is Lillie nervous. Oh, it’s Hau. He wants to battle Lychee. Lillie wants to see the Pokémon battle. Let’s go to the Pokémon Center. And then, let’s go to the Hanohano resort.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

日本語の練習 第26週 Japanese Practice Week 26

2020年05月24日「日」第26週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

日本語のエベント

パイソンをまた勉強します。ハンブルボンドルはパイソンのセールがあります。速く買いました。何か勉強するとき、だいたい本を読みます。ビデオで従業はちょっとつまらないだと思います。勉強しながら、ビデオより許可証の方がいいだと思います。パイソンは楽しかったです。

Nisioisin先生は好きな作家です。「化物語」を読んでいました。すごく楽しかったです。今、偽物語を読んでいる。Nisioisin先生の語呂合わせがいつも面白いです。VOFANのイラストはいつもかっこいいです。このアニメシリーズをまた見るかも。

従妹の卒業パーティーに行きました。ていうか、祝儀です。多少の人々がよく知りませんでした。だから、あまり話しませんでした。あっ、雨が降ってみたいですね。おじさんは「雨が降っていませんよ」と言った。おい、おい、じさん。暗い雲は雨の前兆だろうか?やはり、雨が降ったから、私たちは家に帰った。卒業おめでとう、アマイヤ!

GRAMMAR NOTES

[か]

This grammar point seems familiar. It is used at the end of questions. However, it has another use as an “or” statement.

AB. ➔ A or B.

Ex: ポケモンから、レッドブルー, 誰のほうがいいだと思いますか。

(Red or Blue from Pokémon, who do you think is better?)

[なり]

Similar to か in that they both are “or” statements. However, なり allows the listener to answer out of the choices that are given.

Ex:  A: ゴクなりベジタ、誰が好きですか。(Goku or Vegeta, who do you like?)

       B: クリリン。(Krillin)

       A: 本当?(Really?)

[も]

And of course, what good would it be to not learn the opposite of or: nor. This grammar point can also mean neither.

Ex: この漢字は彼書くができません。(Neither he nor I can write this kanji.)

[それとも]

This grammar point is more versatile. Not only can it mean or, it can also mean else and otherwise as well.

Ex: 私たちと喫茶店に会いませんか。それとも、駅に会いませんか。(Would you like to meet us at the café. Or, meet at the station?)

DIALOGUES

[プログラム]

タカシ:じゃ、カズヤ君、お仕事は?

カズヤ:プログラムです。

タカシ:面白い。どんなプログラム言語ですか。

カズヤ:C++言語やパイソンやジャバスクリプトやHTMLです。

タカシ:パイソン?あのプログラム言語は勉強します。

カズヤ:どうですか?

タカシ:今日だけ始まりましたけど、楽しかったです。しかし、僕は「ハローワールド」と書いただけができます。

カズヤ:あの、それだけですか。

タカシ:それだけです。

カズヤ:頑張って。良かったら、僕は手伝ってあげます。

タカシ:あっ、ありがとうございます。

[ポケモンヌズロックは大変だね]

アカネ:くそ!このヌズロックが嫌い!あのジムリーダーが大嫌いだ!

ユキ:え?誰の?

アカネ:ツツジだ。彼女は強いんだ。

ユキ:本当か?彼女は一代目ジムリーダーだろう?

アカネ:そうだけれど、結局、アチャモを手に入れた。

ユキ:わー、それは大変だね。アカネはキャモメをつかみたのか。

アカネ:つかむができなかったT_T。

ユキ:。。。じゃ、頑張ってね。

アカネ:私のチームが死んだ!

ユキ:。。。残念ですね。リスタートか?

アカネ:いやだよ。リセットだ。

ユキ:(それはちょっと...ダメじゃないか。)

[Programmer]

Takashi: So, Kazuya, what is your job?

Kazuya: I’m a programmer.

Takashi: Interesting. Which programming language?

Kazuya: C++, Python, JavaScript, and HTML.

Takashi: Python? I’m study that programming language.

Kazuya: How is it going?

Takashi: I just started today. I can only write, “Hello World”, though.

Kazuya: Um, is that it?

Takashi: That is it.

Kazuya: Good luck. I can help, if you’d like.

Takashi: Oh, thank you very much.

[A Pokémon Nuzlocke can be rough, huh?]

Akane: Darn it! A hate that gym leader!

Yuki: Eh? Which one?

Akane: Roxanne. She’s tough.

Yuki: Really? Isn’t she the first gym leader?

Akane: Yeah, but I ended up getting a Torchic as my starter Pokémon.

Yuki: Yikes, that is rough. Did you catch a Wingull?

Akane: No, it didn’t appear first on any of the routes, so I couldn’t catch it.

Yuki: Yikes. Well, good luck.

Akane: My whole team’s dead!

Yuki: Oh, well… restart?

Akane: …I’ll just act like the battle never happened and go level up somewhere.

Yuki: (That’s no good right?)

ヒビキのにっき

ヤバイ、ここはズバッがいっぱいだ。ここはディグダトンネル だろう?ついに、ディグダを見つけた。ディグダはまた助けを読んだから、あいつをつかみにくいだ。掴んでよっかた。このバトルが終わってよかった。このポケモンが執拗なポケモンだから、ディグダの新しい名前はシュツチだ。

ゲっ またスコル団。ハウー?!僕と一緒にスコル団を倒すのか。あの。。。ハウーくんがいらないだ。結構だ。自分でそれをすることができるよ。は~いいよ。好きにしろう。やはり、僕たちはスコル団を倒した。本当に簡単だよ。じゃねハウー。とにかく、きんのたを見つけた。このきんのたを売るができます。さ、ディグダトンネルを出かける。

ライチ の店はどこですか。あ、警官がいる。警官はこの店の場所を知っているかも。門限って何ですか?あの、警官さん、僕はポケモントレーナーなんです。だから、僕は門限がありませんよ。おい、マジかよ?!ポケモン勝負?!ここに?!彼のガーディを速く倒した。自分でこの店を見つけますよ。メモリアルヒに行った。ここはトレーナーが多いだ。レベルアップチャンス!はは!すごい!キビダンゴはギャラドの尻尾を掴んで、地に投げった!すごく面白かった!その光景は僕の記憶に焼き付いた!               

それで、ノズパス をつかみた。利口な名前じゃないけど、このポケモンはハナコを読んでいる。それに、アーカラ島はずゴーをつかみた。このポケモンはいい香りがある。じゃ、カオリを読んだ!え?!これらのキューブがでっかいよ!すごく面白かった。いいよ。ライチの店はここにないから、町でこの店を探しないと。

HIBIKI’S JOURNAL

Darn, this place is full of Zubats. This is Diglett Tunnel, right? Finally found a Diglett.  Diglett called for help again (and again), so it’s hard to catch him. I caught him. I’m glad this battle is over. Because this Diglett is a persistent (shitsuyou) Pokémon,  Diglett’s new name is Shutsuchi (from the first kanji of shitsuyou – shitsu(執) can be read as shu).

Ugh, it’s the Skull Gang again. Hau?! Are you going to take down the Skull Gang with me? Um… Hau-kun, I don’t need you. No, thank you. I can do this by myself. Sigh, fine. Do whatever you want. As expected, we defeated the Skull Gang. It’s really easy. Bye, Hau. Anyway, I found a nugget. Well, I’m getting out of Diglett Tunnel.

Where is Lychee’s shop? Oh, there is a cop. The cop might know the store’s location. What is a curfew? Uh, policeman, I am a Pokémon trainer, you know. So, I don’t have a curfew. Hey, are you serious?! A Pokémon battle?! Here?! I quickly took down his Growlithe. I’ll find this shop myself.

I went to Memorial Hill. There are a lot of trainers here. A chance to level up. Ha! Amazing! Kibidango grabbed Gyarados’ tail and threw it to the ground! It was very interesting!

After that, I caught a Nosepass. It’s not a clever name but I’m calling this Pokémon Hanako (hana = nose, ko = child). Afterwards, I caught a Ghastly at Akala Outskirts. This Pokémon has a good smell. Well, I’ll call it Kaori! What?! These cubes are huge! Interesting. Okay. Lychee’s shop isn’t here, so I have to find it in town.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

(あっ、忘れた。今週の金曜日は誕生日です。やった!)

日本語の練習 第25週 Japanese Practice Week 25

2020年05月17日「日」第25週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

日本語のエベント

最近、アニメをたくさん見た。楽しかったです。「この音とまれ!」はきれいな音楽を聞きました。人形は苦手けど、「ローゼンメイデン」が面白いです。「カイバ」は可笑しいアニメーションがあったくせに、素晴らしいストーリーがありました。「 ペルソナ4 ザ・ゴールデンアニメーション」が良かったです。マリーは、「ペルソナ4 ゴールデン」から僕の一番好きな女の人です。だから、これは良いアニメであるかどうかに僕のバイアスだと思います。「22/7」はアイドルアニメ。「アイドルマスター」や「ラブライブ」や「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた」をもう見ました。だから、僕はアイドルアニメはおなじみである。各22/7の会員は、独自のキャラクターストーリーを持っていた。この各けストーリーはすごく感動しました。次のシーズンを楽しみにしています。それに、コメントから「ガチ恋口上チャント」を聞きました。気になるから、パソコンでそれを調べました。これを見つけた:

インドネシアのビデオが、ビデオはローマ字字幕があります。

今、「マギアレコード魔法少女まどか☆マギカ外伝」を見ています。このフランチャイズや株式会社シャフトやClariSを戻った!僕は2エピソードしか残っていないT_T。これはまれですが、は英語でこのアニメを見ています。

OP:

ED:

とにかく、僕はペルソナQゲームをしています。すごく楽しいです。真女神転生IVよりペルソナQの方が楽しいだと思います。2FOEsを倒した。そして、強いアーマーが作りました。99DEF!すごい!

Grammar Notes

Making conjunctions in Japanese can come in handy when you need a short period of time to collect your thoughts.

[それで]

“because of that/ therefore”

In conversation, it is often shortened to で

Ex: 将棋をいつも負けました。それで、将棋を止めたいです。(I keep losing in Shogi. So, I want to quit.)

[そこで]

Similar to [それで]. However, it is only used to make a solution or improve upon a previous statement.

Ex: いつも将棋を負けました。そこで、もっと練習します。(I always losing at Shogi. So, I’ll practice more.)

  彼は失業者です。そこで、新しい仕事を探しています。(He is unemployed. So, he is looking for a new job.)

[そして]

This grammar point is used to summarize the previous statement. In other words, it translates to “in conclusion”.

Ex: バギニアに住んでいたけど、お母さんは病気になりました。そして、田舎に引っ越していた。(I lived in Virginia but, my mom got sick. In conclusion, I moved to my hometown.)

[それでも]

This grammar point is similar to last week’s grammar point [のに]. This can also mean “despite that”.

Ex: 毎日つめ将棋をします。それでも、いつも負けました。

(I do shogi puzzles every day. Despite that, I always lose.)

  毎日日本語を勉強します。それでも、まだ日本語を習いています。[でも、すごく楽しかったです。]

(I study Japanese every day. Despite that, I am still studying Japanese.)

Dialogues

[ペルソナQ:ペルソナ3ヒーローとペルソナ4ヒーローの出会った]

ユキ(P3): 。。。

カズヤ(p4): 。。。

ユキ: おなじみだ。静粛なタイプだな。

カズヤ: そうだな。この事態は不思議だな。

ユキ: そうよ。その嬢王はすごく強いよ。

カズヤ: だよな。しかし、私たちは一緒に戦うことができる。

ユキ: これから、よろしく。

カズヤ: こちらこそ、よろしく。先輩。

ユキ: 僕たちは同じ二年生だろう?

カズヤ: そうだけど、ユキのゲームは私の前に来ました。

ユキ:おい、おい、後輩、第四の壁を壊すダメだよ。

カズヤ:あ、ごめん。

[夕べは。。。]

マーリー:イズミ、大丈夫?顔が悪くて白いよ。

イズミ:あ、マーリーお姉ちゃん、おはよう。痛い。

マーリー:どうしたんですか?

イズミ:頭が痛い。二日酔いかも。ケートは?

マーリー:最近、出かけた。夕べ、覚えってないの。

イズミ:ううん、何もぜんぜん覚えてない。

マーリー:あなたたちは悪い映画を見たり、イズミちゃんはとても笑ったり、ブレークダンスし始めました。

イズミ:え?!私?!

マーリー:そうよ。

イズミ:あ、恥ずかしい死ぬ。

まーりー:いいから、いいから。良かったら、コーヒーを飲みませんか。

イズミ:うん、ありがとう、お姉ちゃん。佐藤いっぱいお願い。

まーりー:ダメ。二日酔いから、ブラクコーヒーの方がいいよ。

イズミ:はい、はい。

まーりー:一つの「はい」十分ですよ。

イズミ:はい。

[Last night was…]

Marley: Izumi, are you okay? Your face look bad and it’s pale.

Izumi: Ah, morning, Marley. Ouch.

Marley: What’s going on?

Izumi: My head hurts. Maybe it’s a hangover. Where’s Kate?

Marley: She just left. You don’t remember last night.

Izumi: No, I don’t remember anything at all.

Marley: Both of you watched bad movies, and you started laughing and break dancing.

Izumi: What?! Me?!

Marley: Yep.

Izumi: Oh, I’m going to die of embarrassment.

Marley: Would you like to have a cup of coffee?

Izumi: Yeah, thanks sis. Full of sugar please.

Marley: That’s no good. Since you have a hangover, it is best to have black coffee.

Izumi: Yeah, yeah.

Marie: One “yeah” is enough.

Izumi: Yeah.

[Persona Q – Persona 3 Hero and Persona 4 Hero met]

Note: I am using the names that I used for the main characters from Persona 3 and Persona 4 respectively.

Yuki: …

Kazuya: …

Yuki: We’re the same. You’re a quiet type.

Kazuya: That’s right. This is strange, huh.

Yuki: Yeah. That queen is very strong.

Kazuya: Yeah. But we can fight together.

Yuki: From now on, I look forward to working with ya.

Kazuya: Likewise, my senior.

Yuki: Were both second years, aren’t we?

Kazuya: Yes, but your game came before mine.

Yuki: Hey, hey, junior, you can’t break the fourth wall.

Kazuya: Ah, sorry.

ヒビキのにっき

空間研究所?リザードンでカンタイシティに行った。リーリエは研究所の前にいました。彼女はトレーナーになりたいのか。僕たちはリーリエにインスパイアーしたのか。ちょっと感動する。リーリエは「トライアルはどうでしたか」と聞いた。問題なしよ。たぶん。。。かも。。。(ジュウコ T_T!)

あっ、ククイ博士はここにいました。速いですね。え?!ククイ博士は奥さんがいるか?!すごい。女の人はバーネットと申します。バーネットも博士です。ハウーもここに来た。とにかく、僕はなぜここに来たの?ウルトラホール?ウルトラビースト?これら何ですか?不思議だな。

三月間前、ククイ博士とバーネット博士はリーリエを助けた。リーリエは「バーネットは母みたい」と言った。(あの、リーリエ、本物のお母さんはどこにいるのか?君は寂しいそう。)さ、今ウルトラホールとウルトラビースト探しています。これは楽しいから、任せてよ。

ライチはカフナですか?ディグダトンネルの後、コニコシティに行かないと。それに、ライチの家はそこにある。え?空に穴がある?!あ、消えた。まさか、ウルトラホール?さ、ディグダトンネルに行こう。ライチに出会った。(とてもきれいな女の人だ。)ライチは「スコル団とヂィグダが危ないよ」と言った。スコル団は弱いから、だいじょうぶだけど、気を付けています(笑)。

Hibiki’s Journal

Space Research Lab? I went to Kantai City by Charizard. Lille was in front of the research lab. Does she want to be a trainer? Did we inspire her? I’m a little moved. Lillie asked, “How was the trial”. No problem. Probably… Maybe… (Jyuko T_T!)

Oh, Professor Kukui is here. That was fast. What?! He has a wife?! Wow. Her name is Burnett. She is also a professor. How was here, too. Anyway, why did I come here? Ultra-Hole? Ultra-Beast? What are these? That’s mysterious.

Three months ago, Professor Kukui and Professor Burnett helped Lillie. “Burnett is like a mother” Lillie said. (Hey, Lillie, where’s your real mother? You seem to be little lonely.) I’m looking for Ultra-Holes and Ultra-Beasts now. This will be fun, so leave it to me.

So, Lychee is a Kahuna? After the Diglett Tunnel, I’ll go to Koniko City. Besides, Lychee’s house is there. Huh? Is there a hole in the sky?! Oh, it’s gone. No way, an Ultra-Hole? Let’s go to the Diglett Tunnel. I met Lychee. She’s a very beautiful woman. “Team Skull and the Diglett are dangerous” Lychee said. Team Skull is weak, so I’ll be fine, but I’ll be careful (lol).

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

日本語の練習 第24週 Japanese Practice Week 24

2020年05月10日「日」第24週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

日本語のエベント

先週は母の誕生日でした。ブラスレットを買いました。「Do not fear, for I am with you」と書いた。日本語で「私はあなたと一緒にいるので、恐れてはいけない」と言ったかも。母は大切な人だと思います。だから、買いました。

今週の日曜日、母の日。僕と兄弟と一緒にプレゼントは母に上げました。スパバスケットと大好きな飴を上げました。すごく嬉しかった。いつか、僕は母のためにこの歌を歌います。母の日おめでとうございます。

Progress

My goal for this year to be at N4 testing level by the beginning of Fall. I don’t know if I’ll take the JLPT, but this is what I want my fluency to be at whether I take it or not. To get there:

LingoDeer:

  • Two core lessons through the weekdays
  • Review and Speaking Lessons over the weekend

JA Sensei:

  • N4 & N5 Kanji and Vocabulary Practice every Tuesday Thursday and Saturday
  • Finish up the lessons

Blog:

  • Play Pokémon for an hour (1 hour should give me enough content for one entry)
  • Prepare to publish blog on Tuesdays and Thursdays. Edit and/or finish up on Sunday
  • Publish Sunday by 6pm

Grammar Notes

[のに]

It means “even though” “although” or “despite the fact”. It is used at the end of a clause.

Ex: 頑張ったのに、失敗した。(Although I did my best, I failed.)

If the sentence ends です/だ, then you must change it to なのに.

Ex: ほせきです/だ。全然価値がない。➔ ほせきなのに全然価値がない。(Even though it is a jewel, it is not worth anything.)

[くせに]

This grammar point is the same as のに. However, it is used when you are angry or annoyed. For nouns it will be のくせに.

Ex: 私たちは釣竿をちゃんと使ったくせに、魚がつかむできなかった。

(Despite the fact that we used the fishing rod properly, we couldn’t catch the fish.)

Ex: コイキングのくせに、僕のポケモンがまだ負けました。

(Even though it’s a Magikarp, my Pokémon still lost.)

Dialogue

[日本語が全然分からない]

ポール:もういいよ。あの先生がすごく厳しいだよ。

ヒビキ:どうしたんのか、パール?

ポール:森田先生の授業が難しいんだ。日本語を勉強して辞めたい。

サクラ:そうですね。森田先生が大変ですね。しかし、辞めたい?もったないでしょう。

ポール:その通りだけど、森田先生の授業が嫌いだ。森田先生は僕に教えてくれるくせに、全然習いません。

ヒビキ:そうですか。じゃ、私たちは助けてあげる。一緒に図書館で勉強しに行きましょう。

サクラ:パール、何を理解しないの?

ポール:文法だ。そして、森田先生の関西弁が時々分からない。

ヒビキ:あ、そうだね。関西弁はちょっと。。。

サクラ:あ、覚えた。私も森田先生のクラスで苦労しました。森田先生はわくわくするの時、関西弁に滑り込みます。

ポール:じゃ、僕はどうせればいいんのか?

ヒビキ:「ゆっくり言ってください」と言うべきだ。

サクラ:そして、パールと一緒に関西弁を勉強します。

ヒビキ:良かったら、二人ともに教えてあげる。大阪から来ましたんだよ。

ポール:え?本当?

ヒビキ:そうやな。

パール:え?

[I don’t understand Japanese at all]

Paul: I’ve had enough. That teacher is very strict.

Hibiki: What’s wrong, Paul?

Paul: Professor Morita’s class is difficult. I want to quit studying Japanese.

Sakura: Ah, that’s right. Professor Morita is very hard. But you want to quit? That would be a waste, right?

Paul: That’s right, but I don’t like Professor Morita’s class. Professor Morita teaches me, but I don’t understand sometimes.

Hibiki: Is that so? Then we’ll help you. Let’s go study together in the library.

Sakura: Paul, what do you not understand?

Paul: Grammar and Professor Morita’s Kansai dialect is hard to understand.

Hibiki: Oh, that’s right. Kansai dialect can be a little…

Sakura: Oh, I remembered. I also had a hard time in Professor Morita’s class. When she’s excited, she slips into the Kansai dialect.

Paul: Then, what am I supposed to do?

Hibiki: You should say, “Please say it slowly.”

Sakura: And I’ll study Kansai dialect with you.

Hibiki: If you like, I’ll teach you both.

Paul: Eh, really.

Hibiki: Yeh, tat’s ri’ght. (Yes, that’s right.)

Paul: What?

ヒビキのにっき

Lush Jungle へ行きます。密林でマオちゃんにまたあいました。マオちゃんは特別の料理を作った?いいよ。マオちゃんの特別の料理はどんな材料を使うのかな。この材料を4個探します。えと。。。マゴのみ、ちさなキノコ、ふっかつそう。それから、きせきのタネ。そして、マオちゃんは僕にざいりょうぶくろをもらいました。ムーランドの鼻を使わないとかも。さ、いこう。

よし、ちさなキノコを見つけた。しかし、その大きいキノコはポケモンだった。あのポケモンはマシェードというだった。ビヤコはマシェードを速く倒した。それから、岩の下にきせきのタネを見つけた。あと2個だけだ。木の中に誰かを動いていた。やはり、ポケモンだった。このポケモンはカリキリだった。ちょっとかわいい。あ、プクイチ ケーオー❢ それから、マゴのみを見つけた。さ、さいごの材料。

え?えと。。。あの草が怪しいそうだ。あれはふっかつそうかな。ふいに、別個のカリキリは僕を戦った。イケトビコ頼むよ。スイレンとカキ密林に着いた。材料を砕かないと。できた!この香り。。。キャア!!!ぬしポケモンが来た!でっかい!あのポケモンはラランテスだった。ラランテスはコラッタは助けを呼んだ!ポワルン現れた!ヤバイ!このポケモンはミズデッポウを使う!ビヤコ戻って!ジュウコ頼むよ!ラランテスはこうごうせいをまた使うから、このバトルは長いだった。しまった。。。ラランテスのソーラーブレードが強いすぎる。ジュウコが死んだ!キビダンゴ、頼むよ!倒した。みんなを倒してください!

トライアルを終えりましたけど、ジュウコが。。。くそ!バカみたい!僕はマオちゃんにクサZとネストボールもらいました。スイレンとカキはこの料理を試みた。しかし、この料理は辛すぎました。あなたたちは速く握った。そして、マオちゃんも密林に出かけた。それから、ククイ博士は密林に来た。「カフナを勝負してできる。」と言った。いわタイプポケモンを使うのか。いいよ。今、ポケモンセンターに行こう。

さようなら。。。ジュウコ。

Hibiki’s Journal

I will go to Lush Jungle. I met Mao-chan again in the jungle. Mao-chan is making a special dish? Alright. I wonder what kind of ingredients Mao-chan will use for the special dish. I’m going to look for four ingredients. Let’s see… mago berry, little mushroom, revival herb. And, a miracle seed. And Mao gave me an ingredient bag. I’ll have to use Stoutland’s nose. Well let’s go.

                All right, I found a little mushroom. But that big mushroom was a Pokémon. That Pokémon was called Shiinotic. Biyako defeated Shiinotic quickly. Then I found a miracle seed. There’s only two more to go. There was someone moving in that tree over there. As expected, it was a Pokémon. This Pokémon was a Fomantis. It’s a little cute. Ah, One hit K-O-! Then I found the mago berry. Now, the last ingredient.

                Huh? Um… that grass looks suspicious. I wonder if that is a revival herb. Suddenly, another Fomantis attacked me. I’ll leave to you, Iketobiko! Lana and Kiawe arrived at the jungle. I must smash the ingredients. I did it! This scent… AHHHH! The Totem Pokémon came! It’s huge! That Pokémon was Lurantis. Lurantis called a Castform for help! It showed up! Crap. This Pokémon uses water gun. Biyako, return! I’ll leave it to you Jyuko! This battle was long because Lurantis used synthesis again. Darn it… Lurantis’ Solar Blade is too strong. Jyuko’s dead! Kibidango, I’ll leave the rest to you! Defeat them. Defeat everyone!

                I finished the trial, but Jyuko… darn it! I’m such an idiot! I received a Grassium Z and Nest Balls from Mao-chan. Lana and Kiawe tried the dish. But the dish was too spicy. They ran fast. And Mao-chan left the jungle. After that, Professor Kukui came to the jungle. “You can fight the kahuna” he said. They use rock type Pokémon, huh? Okay. Now, let’s go to the Pokémon Center.

Goodbye… Jyuko T_T.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

日本語の練習 第23週 Japanese Practice Week 23

2020年05月03日「日」第23週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

日本語のエベント

今朝はトレイルで散歩しました。とても静かでした。紅冠鳥が飛んでいました。すごくきれいで赤い鳥です。

僕は真女神転生IVをもうすぐ終えりました。このゲームはちょっとつまらないだと思います。デビルサバイバーとペルソナの方がいいと思います。しかし、このゲームはもうすぐ終わったから、それは大丈夫です。

とにかく、最近はおもしろいアニメを見ました。「この音を止まれ」。こんな音楽があまり聞きないけど、このアニメはたぶんそれを変わります。絶対に弾きたくないけど、きれいな音楽。それは三日間だけけど、11のエピソードを見ました。いつも次回のエピソードを楽しみにです。

Mitsuki Dazai Playing Daybreak

すごくきれいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=BpzxPseOOPQ 

Grammar Notes

[だから]

Theだin だからis used to refer to the previous sentence. Combine it with からand you get “That’s why” or “So,”

Ex: 母が大変。だから、行かないと。(My mother is in trouble. That’s why I must go.)

[し]

But wait how do we give multiple reasons. I didn’t go on our date because I had a test, it was late, I forgot about it, etc. Look no further because しis here (これは地口ですか。).

This grammar point is usually used to give many reasons and can be translated as “and” / ”or”

Ex: 今年のコミケットに行きたい、文化を習いたい、僕はヒロアカ大ファン、日本に来ました。(I came to Japan because I wanted to go to this year’s Comiket, and learn about the culture, and I am a big fan of Hero Aca.)

Please note that you don’t necessarily need to add the “and” or the “or” to the translation. They are fine on their own since you are giving a list of possible reasons. I’m just adding them to make this click better.

Furthermore, this can also be used to list a bunch of adjectives together.

Ex: 彼女は厳しいけど、彼女がきれいし、頭がいいし、優しいし、強気し。。。だから、彼女と別れないよ。

(She is strict but, she is pretty, smart, kind, and confident… so, I won’t break up with her.)

[なぜなら]

This grammar point is used in response to a “why” question.

Ex: なぜ日本語を勉強したいですか。        (Why do you want to study Japanese?)

      なぜならいつか日本に住みたいから。(Because I want to live in Japan.)

When giving answer to a why question, it almost always ends with から.

方はヒロアカのファンなら。。。

もう大丈夫!なぜって?[なぜなら]私が来た!

He doesn’t say なぜなら. However, I thought it would be fitting and help the grammar point stick.

Dialogues

[ネタバレはダメだよ]

お姉さん:  マコトくん、どうしたの。

トコちゃん: マコトくんは泣き虫だけだよ。

マコトくん: 泣いてないよ。

お姉さん: まま、どうしたの。 

マコトくん: トコちゃんは「リオは映画の終わりに死んだよ」と言った。

トコちゃん: 私のせいではないよ。映画をもう見たべきわよ。 

マコとくん: トコちゃんがあほ!(マコトくん逃げた)

お姉さん: あ、マコトくん待ってって!トコちゃん、なんでそんなことを言ったのよ?マコトくんはあのキャラが大好きだよ。。。

トコちゃん: 知っているよ。

お姉さん: じゃ、なぜ?

トコちゃん: なぜなら、彼が嫌いから。

お姉さん: (“このがき“)

[まだ気づいたない]

A: ね、イズミ「ボルト」がおもしろいけど、ケンくんは「おい、お前は「ナルト」を読み終えるべきだよ」と言った。え、大丈夫か。

B: ううん、大丈夫じゅないよ。

A: 僕は必ず読み終えりますよ。約束する。

B: そうじゅなくて。

A: あ。じゃ、それでなんだ?

B: 友達は悪い映画が好きですから、ドラゴンボールエヴォリューションを見さられたよ。

A: ヤバイ!それはめちゃくち悪いだよな。

B: だよね。

A: あの友達が知ているのか。

B: その映画がすごく悪いの?

A: うん。

B: ううん。彼女は気づいたないかも。

A: すごい。

[Spoilers are no good]

Big Sister: Makoto-kun, what’s wrong?

Toko-chan: Makoto-kun is just a crybaby.

Makoto-kun: I’m not crying.

Big Sister: Now, now, what’s the matter?

Makoto-kun: Toko-chan said, “Rio died at the end of the movie”

Toko-chan: It’s not my fault. You should’ve already seen the movie.

Makoto-kun: Toko-chan’s an idiot! (ran away)

Big Sister: Oh, wait Makoto-kun! Toko-chan, why did you say such a thing? Makoto-kun loves that character.

Toko-chan: I know.

Big Sister: Then, why?

Toko-chan: Because I don’t like him.

Big Sister: (“This brat…”)

[Hasn’t realized it yet]

A: Hey, Izumi, Boruto is interesting, but Ken said, “Hey, you should finish reading Naruto” – Oh, are you alright?

B: No, I’m not.

A: I’m sure I’ll finish reading it. I promise.

B: That’s not it.

A: Oh. Then what is it?

B: My friend likes bad movies, so she made me watch Dragon Ball Evolution.

A: Yikes. That’s freaking bad, isn’t it?

B: Right.

A: Does your friend know.

B: That the movie is really bad?

A: Yeah.

B: No. She probably hasn’t noticed yet.

A: Wow.

ヒビキの日記

さ、Kiaweのもとへ行こう。ポケモンのしょうぶを始めるよ。え?踊る?は~いいよ。やった間違いない。Marowakを戦う。ささがコチャマが一番だ。え?終わらないか?じゃ、次のダンス!Hiker David、ここで何をしているのか?つまらない。Hiker DavidのMagmarはちょっと弱いだね。マジで、コチャマのBulldozerが強いすぎるぞ!最後のダンス!え?!DavidはMarowakと一緒に踊ります。面白い。ちょっと待って!まさか!新しいポケモンはが来た!Totemポケモンのか?Salazzleがかっこいいそうだ。しかし、コチャマに信じるよ。すごい!One Hit K-Oだ!コチャマが強いよ!僕はFirium Zにもらいました。そして、今、Charizardの運転ができます。

8番道路に行った。誰かは「ね、君」と聞こえました。Colressさんに出会った。実は、ククイ博士よりColressさんのほうが頭がいいそうだ。彼は科学院ですか。とにかく、ColressさんはTM Flamechargeにもらいました。そしt、Fletchinderをつかみました。かっこいいポケモン。えと。。。決めた!君の名はハナビだ。色々な勝負しました。とても簡単でした。次のキャプテンはLush Jungleにいるから、ビヤコと僕は楽しみにです。ポケモンセンターに行きます。あ、Gladionの部屋を見つけた。「出ていけ」早く言った。。。すごい。。。意地悪なあいつ。とにかく、ポケモンセンターに戻る。

Hibiki’s Journal

Now, let’s go to Kiawe. I’m going to start battling. What? A dance? Fine. Yes, I wasn’t wrong. I’ll fight Marowak. As expected, Kochama is the best. What? It’s not over? Then, next dance! Hiker David, what are you doing here? Boring. Hiker David’s Magmar is a bit weak. Seriously?! Kochama’s bulldozer is too strong. The last dance! What?! David is dancing with the Marowak. Interesting. Wait a minute! No way! A new Pokémon has come. Is it the Totem Pokémon? Salazzle looks so cool. But I’ll believe in Kochama. Amazing! One Hit K-o! Kochama is strong! I received a Firium Z. And now I can ride a Charizard.

I went to Route 8. I heard someone say, “Hey, you”. I met Colress. Actually, Colress looks smarter than Professor Kukui. Anyway, I got a TM Flamecharge. I caught a Fletchinder. It’s a cool Pokémon. Let’s see… it’s decided! Your name is Hanabi. I had many battles. It was very easy. The next captain is at Lush Jungle, so Biyako and I are looking forward to it. I’m going to the Pokémon Center. Oh, I found Gladion’s room. He quickly said, “Get out”. Wow… mean guy. Anyway, back to the Pokémon Center.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

日本語の練習 第22週 Japanese Practice Week 22

2020年04月26日「日」第22週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

New Websites

I am trying out two new websites to use as review and supplemental learning. Since I am starting the lessons today, I don’t have much to say about them other than first impressions. These websites are:

Easy Japanese Grammar Lessons (https://www.nhk.or.jp/lesson/english/download/)

This website provides basic grammar lessons for beginners. It comes with a pdf textbook and there are audio files for each lesson. You can download the content to take your learning on the go. Plus, all lessons are free. Other than that, they have some cute character designs that are introduced into the textbook. On top of that, they even have the main heroin tweeting at the end of the lesson (unfortunately not in Japanese but perhaps I can translate them to Japanese as a side project.)

Alison (https://alison.com/course/diploma-in-japanese-language)

This course teaches basic Japanese as well. The course that is provided by this website is only 10 – 15 hours split into 21 modules. These modules cover writing, pronunciation, grammar, etc. They also have assessments to help to see if you understand the material. If all is completed, you are given the chance to get a certificate from their website (for a price of course). I don’t know how legitimate the certification is so I will not be partaking in that until I see fit.

Progress

The latest studying regiment that I’ve been testing has been going well. I restarted LingoDeer once again so I can get a better understanding rather than rushing to a certain percentage. Hopefully, this will be the last time that I push myself back to zero on this app. Especially since I want to get to the next course they have to offer.

I have had a little trouble with 2 or 3 words and kanji on JA Sensei. However, that is to be expected when you are going over 800 words and almost 300 (N5 & N4) Kanji every week. Weekends have been easy since all I do is working on my speaking and review.

On another note, I am getting back into Japanese from Zero Volume 4. I’ll do only one lesson a week, so I don’t burn myself out and become burden for my other study habits.

Overall, I’m looking forward to what is to come in the next few weeks. I would like to be done with the LingoDeer Japanese 1 Course by June. Since I am doing two lesson cores every weekday, I find this to be a reachable (and most importantly realistic) goal.

Grammar Notes

Causative Passive

This is just like last week’s grammar notes except is on the passive side. Using passive speech gives a sense of vagueness which is used quite a bit when it comes to Japanese. As a language, Japanese is not as straightforward as English (then again, Japanese seems a lot more polite as well).

Another difference from last week’s grammar is that this specifically means that “someone is made/forced to do something” instead of “to let/make/force something to happen”.

る – Verbs

る➔ drop る+させられる

Ex:  ライブアクション映画が嫌いけど、彼女は僕にスーパーマリオブラザーズを見させられました

(I don’t like live action movies, but she made me watch Super Mario Bros.)

う – Verbs

Convert ending to A-form + せられる

Ex: 学生はレポートを再び書かせられました

(The students were made to write the report again.)

Irregular Verbs

する➔させられる

Ex:  夕べ、先輩は非常に酔っ払っていた。だから、彼は私に車を運転させられました

(My senior was extremely drunk last night. So, he made me drive the car.)

来る➔来させられる

Ex:  風邪をひいてので、友達は病院に俺に来させました

(My friend made me come to the hospital because I had a cold.)

Dialogues

「やっぱり、君は酔っ払っている」

イズミ:ね、ケート。ウイスキーを2本飲んだので、車が運転できるの。

ケート:はい。カギはどこあるの。

イズミ:スカートのポケットにある。たぶん。(ノ>▽<。)

ケート:カギ、カギ。動かないでわよ。

イズミ:くすぐるよ。(*≧▽≦)ノシ))

ケート:はい、はい、分かる。あ、見つけた。さ、行こうよ。

イズミ:あ、ケートがステキな。だから、ケートが大好きだよ。

ケート:はい、はい。イズミも大好き。さ、家に行きましょう。

イズミ:ねー、ねー、ケート、ケート。

ケート:なんだ?

イズミ: あたしを大好きなれば、一緒にドラゴンボールエヴォリューションを見ましょう。

ケート: 却下!(やっぱり、イズミちゃんがめちゃくちゃ酔っ払っている。)

「ボルトかナルトか、どうっちの方がいいと思うか」

ケン:おーい、もりーくん

もり:。。。[椅子にもとって本を読んでいる]

ケン:おーい おーい もーりーくーん!

もり:あ、ケン。ごめん。耳栓を使うから、聞こえなかった。何?もう一度行ってくれ。

ケン:あ、そうか。じゃ、新しいマンガを読んでいる?

もり:うん。えいこのおすすめというマンガを読みしてみる。

ケン:もうかして。。。「ナルト」じゃないか?

もり:ちがう。「ボルト」だ。

ケン:本当か?それを読みしてみるか?

もり:うん。その場でかるくながしよみしてみる。

ケン:ちょっと待って。「ナルト」読み終わったのか?

もり:ううん、まだだ。ナルトは終末の谷でサスケと戦おうとしている。楽しみに。岸本先生はまだ「ナルト」を書くのか。

ケン:マジで。。。(“それはずっと前のことだった!”)

もり:ネタバレはダメだよな。

[As expected, you’re drunk]

Izumi: Hey, Kate. I drank two bottles of whiskey, so can you drive?

Kate: Yes. Where is the key?

Izumi: It’s in the pocket of my skirt. Probably. (ノ>▽<。)ノ

Kate: Key, key. Don’t move.

Izumi: It tickles. (*≧▽≦)ノシ))

Kate: Yes, yes, I understand. Oh, I found it. Come on let’s go.

Izumi: Oh, you are wonderful. That’s why I love you, Kate.

Kate: Yeah, yeah. I love you, too, Izumi. Well, let’s go home.

Izumi: Hey, hey, Kate, Kate.

Kate: What is it?

Izumi: If you love me, let’s watch Dragon Ball Evolution together.

Kate: Hell no! (As expected, Izumi-chan is very drunk.)

[Boruto or Naruto, which do you think is better]

Ken: Hey, Mori-kun

Mori: … (He’s sitting in a chair while reading a book)

Ken: Oooi Ooooi Mooooriiiiikuuuun!

Mori: Oh, Ken. Sorry. I was using earplugs, so I couldn’t hear you. What is it? Say that again.

Ken: Oh, I see. So, you’re reading a new manga?

Mori: Yes. I’m reading the manga Eiko recommended.

Ken: No way… that’s not Naruto, is it?

Mori: Nah. It’s Boruto.

Ken: Really?

Mori: Yeah. I try to read it lightly on the spot.

Ken: Wait a minute. Have you finished reading Naruto?

Mori: No, not yet. Naruto is going to fight Sasuke at the Valley of the End. Looking forward to it? Does Kishimoto still write Naruto?

Ken: Seriously… (“That was a long time ago!”)

Mori: No spoilers, okay?

ヒビキのにっき

ウェラ火山公園に届いた。Charcoalを見つけた。後で、ビヤコにあげる。Ace Trainerジムとポケモンの勝負しました。彼のカダブラはちょっと強いけど、ビヤコがカダブラを倒した。え?!信じられない!イケトビコはもう弛緩している。何を弛緩しましたかな?Masqueradeになった。すごくきれいだ。そしてTM Rock Tombを見つけました。このわざはコチャマに教えてあげる。マグビは呉草に飛び出した!ちょっと掴むにくいでど、掴みました。ヒカモマルというあだ名だった。さ、Kiaweのトライルを始めるよ!

Hibiki’s Journal

We arrived at Wela Volcano Park. I found charcoal. I’ll give it to Biyako later. I had a battle with Ace Trainer Jim and his Pokémon. His Kadabra was a little strong, but Biyako defeated it. What?! I can’t believe it! Iketobiko is evolving! I wonder what it will become. It became a Masquerade. It’s so beautiful. And I found the TM Rock Tomb. I’ll teach Kochama this move. Magby jumped out of the dry grass! It was a little hard to catch, but I caught it. I nicknamed it Hikamomaru (Just a rough translation of what Magby is: A fire duck. But if you switch “mo” and “ma” around you get Hikamamoru. Omit the “ka” and you get “Protect the fire” Man, I love word play. This may also foreshadow what is to come of all my fire type Pokémon. Especially Biyako’s fate.). Now, let’s start Kiawe’s trial.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

日本語の練習 第21週 Japanese Practice Week 21

2020年04月19日「日」第21週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

日本語のエベント

一昨日、34分ちょどにジョギングしました。足がまだ疲れたけど、楽しかったです。それから、「少女終末旅行」や「涼風」を見て終わりました。そして、「劇場版 ブラッドシー ザ ラスト ダーク」を見ました。この映画はちょっと分かるにくいだと思もいます。しかし、シリーズよりもこの映画の方がいいだと思います。

昨日、「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」を見た。見てよかった。すごく楽しかった。その映画を深く感動した。

Progress

I thought about changing my studying habits up a bit. This new strategy has helped me retain more and has been less of a strain. Here is the new plan:

  • LingoDeer: 2 Lesson cores every weekday, Review on weekends
  • JA Sensei: Review all JLPT Vocabulary (N5) and Kanji (N5 & N4) on Tuesdays, Thursdays, and Saturdays

I plan on getting back into Japanese From Zero Volume 4 since my casual speaking needs some work. Besides I want to see what is in volume 5. Especially since this occurred:

I have also switched up my lifestyle a bit to get more quality study time:

  • 1 hour of anime per day
  • 3 hours on devices per day
  • No device use after 8 pm

I’ll give myself some leniency by introducing an 80/20 rule. As in, I follow this most of the time but not all the time.

Grammar Notes

Remember those moments back in childhood where your parents “made” you do chores or do your homework? How about asking permission to let yourself do something for someone else? Look no further than the causative form.

In other words, the causative form means “To let/make/force something to happen” and “Let me”.

る – Verbs

る➔ drop る+させる

Ex:  僕は自分には変えさせました。(I made myself change.)

う – Verbs

Convert ending to A-form

Ex:  彼女は漢字を覚えらせました。(She made me memorize Kanji.)

Irregular Verbs

する➔させる

Ex:  両親は私に勉強させる。(My parents forced me to study.)

来る➔来させる

Ex:  パーティーに来たくなかったけど、あいつは俺に来させました

(I didn’t want to come to the party, but this guy made me come.)

“To Let”

Ex: 君を助けさせてください。(Let me help you.)

Dialogues

厳しい妻 (Casual)

A: 太一、結婚しておめでとう。

B: あ、佐藤さん、久しぶりだな。

A: まだタバコを吸うのか?

B: いやいや、もう吸わないよ。

A: え、どうして?もうかして。。。

B: そうだよ。妻は俺にタバコを止めさせた。

A: じゃ、俺もタバコを止めるべきかな。

B: 頑張ってな。

A: こちらこそよ。

Strict Wife (Casual)

A: Taichi, congratulations on your wedding.

B: Oh, Satou, long time no see, huh.

A: Do you still smoke?

B: Nah, I don’t smoke anymore.

A: Eh, why… don’t tell me…

B: That’s right. My wife made me stop smoking.

A: Well, I think I should quit smoking, too.

B: Good luck with that.

A: Likewise.

もう梅雨だね

A: 雨がすごく降ている。傘はどこだっけ。。。ヤバイ!

B: どうしたの、あゆみちゃん。

A:  傘を忘れちゃった。

B: じゃ、これ。

A: いいの?。。。ソラちゃん大丈夫ですか。

B: うん、大丈夫だ。家が遠くないよ。じゃな。

A: (ソラちゃんがステキな。)

It’s already rainy season huh

A: It’s raining a lot. Now where is my umbrella… oh no!

B: What’s the matter, Ayumi?

A: I forgot my umbrella.

B: Well, here.

A: Is this okay? …Are you going to alright.

B: Yeah, I’ll be fine. My house isn’t that far. See ya.

A: (Sora is so wonderful)

ヒビキのにっき

7番道路に行った。ウェラ火山公園はちょっと暑いだ。というか、蒸し暑いだ。とつぜん、Salanditは草の中に飛び出した!Salanditが欲しいので、このバトルは難しいだ。うんよく、Salanditをつかみました。ヒドクマルというあだ名だった。Battle Royal Dome帰りに、Gladeonを見た。あいつは何をしているのか。

Masked Royalに出会った。えと。。。ククイ博士じゃないか?誰かは「君はククイ博士だろうか?」。おい、質問を無視しないでよ。とにかく、僕たちはポケモン勝負しました。4-Wayバトル!ハウーはいつものんびりする。だから、僕は彼のポケモンをはやく倒した。

それから、Kiawe出会いた。彼はキャプテンだ。Kiaweは「君は山に登って、一番強いポケモンを連れ込むぞ!」。さ、行こうか。

Hibiki’s Journal

I went to Route 7. Wela Volcano Park is a little hot. I mean, it’s hot and humid. Salandit jumped out of the grass. This battle was difficult because I wanted Salandit. Luckily, I caught it. I nicknamed it Hidokumaru (Play on words Hidoku = cruel; Hi = Fire; Doku = Poison). On the way back from Battle Royal Dome, I saw Gladeon. What is he doing?

I met masked Royal. Uh, it’s Dr. Kukui, isn’t it? Someone said, “Are you Dr. Kukui”. Hey, don’t ignore the question. Anyway, we had a Pokémon battle. 4-Way Battle! Hau always takes it easy. That’s why I quickly defeated his Pokémon.

Then we met Kiawe. He’s a captain. “Climb the mountain and bring your strongest Pokémon” Kiawe said. Well, let’s go.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

日本語の練習 第20週 Japanese Practice Week 20

2020年04月12日「日」第20週

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue. そして、イースターおめでとう。

日本語のエベント

やった!ニンテンドーは真女神転生のセールがあります。これらのゲームは人気があ。だからこのセールはすごく珍しいと思いました。やはり、買いました。ペルソナQ と真女神転生IVを買いました。ペルソナQはまだしないけど、真女神転生IVをします。このゲームはすごく面白いです。そして、このゲームはデビルサバイバーみたいですね。それに、これらのゲームは同じ会社に来ました。さすが、株式会社アトラスは面白くて楽しいゲームを作ります。

アールピージーが好きです。お父さんはいつもアールピージーをしました。だから、僕もアールピージーをします。これらのゲームはすごくたのしいとおもいます。

Progress

Now that I have finished working on all JLPT N5 Vocabulary, JLPT N5 & N4 Kanji, I will now start reviewing them three times a week to retain the information. My next goal is to work on JLPT N4 Vocabulary. Since I have been in the house more than usual, I have found it difficult to do my speaking exercises without disturbing others. So now I will be finding a way to seclude myself while not disturbing them. Perhaps the veranda?  

I am debating on getting Talk in Japan service for the JLPT. For now, I will focus on working through the snippets of lessons they provided on YouTube. I would also like to start back into Japanese from Zero 4. However, I have been getting a lot of exposure to Japanese through various means: YouTube, a few textbooks, a couple of apps, chatting with others online, and doing these blog entries.

With all these resources, I sometimes feel overwhelmed by the plethora of information. I also find myself being pulled in different directions on how to learn or when to learn a certain thing. A part of me wishes that I only stuck with Japanese from Zero series while another part of me sees that seeking out other material can enrich my learning of this language. Besides, I’ve gotten this far, why stop doing all of this now?

Grammar Notes

Using a Passive Voice in Japanese

By using passive voice in a sentence, you are making the object of the sentence become the subject of the sentence. For example, 「この魚を食べました」would become 「この魚を食べられました」, or “I ate this fish” would become “I was able to eat this fish”.

Passive voice has a vagueness to it (Which is the main reason why I dislike it so much when it is used. It is not straight forward. However, considering Japanese is tied along with Japan’s culture, it is fair game to use passive voice because it is left up to the listener to interpret what is being said however they like).

る – Verbs

る➔ drop る+られる

Ex:  サクラさんは着物を着られました。 (The kimono was being worn by Sakura)

う – Verbs

A-form + れる

Ex: ナデシコさんは傘を差されました。(The umbrella was being held by Nadeshiko)

Irregular Verbs

する➔される

Ex: 妹は部屋を掃除されました。(The room was being cleaned by my little sister.)

来る➔来られる

Ex: 彼らはあそこに来られないよ。(They will not be able to come over there.)

Passive voice + てある

You can also use the passive voice with the て-form and ある to say that something has been done or has occurred, or has happened, and now it has changed to something else.

Ex: この豚肉は揚げられていなくて、焼いてあるよ。(This pork is not fried, it is baked.)

Ex: そのラーメンは店で食べてありましたか。(Was that ramen eaten at a shop.)

Dialogues

デジモンアドベンチャー を戻りました

A:ね、もう新しくデジモンアドベンチャーを見ませんでしたか。

B:いいえ、まだです。デジモンアドベンチャーって何ですか。

A:まじですか。知りませんか。

B:はい、知りません。それはポケモンみたいですか。

A:まあまあです。デジモンアドベンチャーのストーリーの方がいいだと思います。

B:じゃ、見ましょう。

Digimon Adventure has returned

A: Hey, have you seen the new Digimon Adventure yet?

B: No, not yet. What is Digimon Adventure?

A: Seriously? You don’t know?

B: Yes, I don’t know. Is it like Pokémon?

A: Sort of. I think Digimon Adventure’s story is better.

B: Then, let’s watch it.

道順を尋ねている

A: すみません。

B: はい。

A:  ルイビル大学に行きたいんです。このバスはそこに行きますか。

B: いいえ、行きません。ルイビル大学のバスはバス402です。

A: バス402はどこですか。

B: あそこです。

A: あ、そうです。ありがとうございます。

Asking for directions

A: Excuse me.

B: Yes.

A: I want to go to University of Louisville. Does this bus go there?

B: No, it does not go there. The University of Louisville bus is bus 402.

A: Where is bus 402.

B: It is over there.

A: Oh, yes. Thank you very much.

ヒビキのにっき

美少女と一緒にポケモンのしょうぶしました。しょうぶの前、この女は「君のポケモンしつけるべきだと思います。」と言いました。あ、そうですか。僕たちは美少女のポケモンを速く倒した。ざまみろ!6ばんどうりでまたスカル団を見ました。(あ、ヤバイ。忘れた。Lillipupをもうつかみましたから、いらないよ。テラシンコはニックネームだろうか。)彼らはDrifloonを盗むつもりでした。速く倒した。それから、ハプに会いました。彼女はMudsableがいます。Drifloonはトレーナーに戻りました。ハプは「君が強いから、Royal Avenueに行って、Battle Royal Domeで戦うべきだ」だと言いました。いや、強くないです。まだまだです。たぶんまた今度です。

Hibiki’s Journal

I had a Pokémon battle with a beautiful girl. Before the battle, she said “I think you should train your Pokémon”. Oh, is that so? We quickly defeated her Pokémon. In your face! I saw the Skull Gang again on Route 6. (Ah, crap. I forgot. I already caught a Lillipup, so I don’t need it. I nicknamed it Terashinko, right? )They were trying to still a Drifloon. I defeated them quickly. Then I met Hapu. She has Mudsable. Drifloon returned to the trainer. Hapu said “You should go to the Royal Avenue and fight at The Battle Royal Dome because you’re strong.” No, I am not strong. There is still a long way to go. Maybe next time.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

Create your website with WordPress.com
Get started