Short Anime Reviews & Immersing with Kingdom Hearts

2020年06月28日「日」第31週

日本語の練習 第31週 Japanese Practice Week 31

Hello everyone! Kyuusei here to teach you Japanese and show what I find interesting about Japan. With that being said, let’s continue.

日本語のイベント

父は手紙を手に入れて良かった。父は週に1回郵便をチェックします。ちょっと緊張しました。昨日、父と一緒に話しました。

今月、アニメをたくさん見ました。

「落第騎士の英雄譚」は珍しいアニメだと思う。強くない主人公?このアニメハーレムではない?ちがいます。主人公は恋人がいる。それに、このアニメはライトノベルを翻案したものだ?すごい。このアニメの生徒会長がとてもかっこいい。

「鬼滅の刃」は美しいアニメだと思う。今月、このアニメは最高のアニメを見たかも。かっこいいアクションシーンが多い、面白いストーリー。そして、ユニークキャラデザイン。去年、「鬼滅の刃」の漫画は終わりましたから、読むかも。それに、「鬼滅の刃」の映画はたぶん見てできません。鬼舞辻 無惨。。。彼はマイケル・ジャクソンに似ているね。

「ダンベル何キロ持てる?」はとても教育的なアニメだ。運動が好きだから、このアニメはもう面白そう思おう。時々、キャラクターの顔がやりすぎだった。彼女たちの顔はジョジョキャラクターに似ていた。

とにかく、キングダムハーツのプレイスルーを見る予定だ。このプレイスルーは楽しい経験だと思う。それに、このゲームを何度もプレイしましたから、たぶん大丈夫だ。このプレイスルーはアニメを見ているような感じになるだけど。

すみません。このビデオはOPがないです。

GRAMMAR NOTES

[たら]

This is one of the most common ways to say “if”. An interesting thing about this grammar point is that it uses the past tense て-form + ら.

For る- Verb =

Drop る + たら

Ex: 考えたら、文法は一番複雑です。

(If you think about it, grammar is the most complex.)

For う- Verb =

・う、つ、る➔ったら

・む、ぶ、ぬ➔んだら

・く➔いたら

・ぐ➔いだら

・す➔した

Ex: 新しいパソコンを買ったら、ゲームをもっとプレーしてできます。

(If you buy a new PC, you can play more games.)

Ex: 外で遊んだら、元気になりますよ。

(If you play outside, you’ll feel better.)

Ex: 日本語で書いたら、日本語を上手になりますよ。

(If you write in Japanese, you will get better at Japanese.)

Ex: 急いだら、失敗しますよ。

(If you hurry, you will fail.)

Ex: 大切なものを無くしたら、悲しいです。

(If you lose something important, it’s sad.

(For a better translation: It’s sad to lose something important.)

For irregular verbs =

・する➔したら

・来る➔来たら

Ex: それをしたら、許しません。

(If you do that, I won’t forgive you.)

Ex: 家に来たら、晩ご飯を作ってあげる。

(If you come to my house, I’ll cook dinner for you.)

For ending a sentence =

・です➔だったら

・である➔であったら

・でした➔でしたら

Ex: だったら、何。

(Then what? Note: You can hear this sometimes in anime, video games, and manga.)

Ex: 自信であったら、ここにいませんだろう。

(If I was confident, I wouldn’t be here.)

Ex: 暇でしたら、今、日本語を勉強していませんでした。

(If I was free, I wouldn’t be studying Japanese right now.)

DIALOGUES

[棋戦を気になりますか。]

A: ね、ジェイド、今週の将棋トーナメントに参加しませんか。

B: えっ、私?ちょっと自信がありません。まだ習っています。

A: ジェイドならきっと大丈夫です。それに、いい勉強になりますよ。

B: そうですか。でも、私がタイムを取って作戦を練ろうは長いです。

A: 大丈夫ですよ。私も手伝いますから。

B: ありがとうございます。じゃあ、それならば、やってみます。

[手伝い Pt. 1]

A: もしもし、イザヤです。

B: ね、イザヤ、私だよ。ヒミコ

A: あっ、久しぶりだ。どうしたんですか。

B: もうすぐ引っ越します。だから、イザヤと一緒にアパートを掃除してくれない?

A: 暇だから、いいよ。

B: ありがとう。イザヤ、まだヴェルベットハウスに住んでいる?

A: うん。

B: じゃあ、あと15分にそこにいた。じゃあね。

A: それじゃあまたね。

B: [電話を切った]。。。ごめんね、イザヤ。頼むよ。

TRANSLATION

[Are you curious about Shogi?]

A: Hey, Jade, won’t you join the Shogi tournament this week?

B: Huh, me? I don’t have the confidence to do that. I’m still learning.

A: If it’s you Jade, then I’m sure you’ll be fine. Besides, it’ll be a good learning experience.

B: Really? But it takes me a long time to work out a strategy.

A: It’ll be fine. I’ll help you, too.

B: Thank you. If that is the case, then I’ll try it out.

[Help me Pt. 1]

A: Hello, this is Izaya.

B: Hey, Izaya, it’s me Himiko.

A: Oh hey, Himiko, it’s been a while. What’s up?

B: I’m moving soon, so could you come help me clean my apartment?

A: I’m free today so sure.

B: Okay, I’ll come get you. You still living at Velvet house?

A: Yeah.

B: Okay, I’ll be there in 15 minutes. See you then.

A: See you later then.

B: [Hangs up phone.] I’m sorry, Izaya. I’m counting on you.

ヒビキのにっき

それで、マーマネ君はぬしポケモンを呼んでいるデバイスを作った。ぬしポケモンこいこいマーク2っていうです。面白いそうです。マーマネ君は天才だ。さすがマーマネ君だね。なんてね。マーマネ君はそのデバイスをつけたの時に、電気が消した。そのデバイスは電気を多量に消費しまたね。それに、ドアは電気が使うので、ドアが開かない。つまり、僕たち出かけてできません。彼はフラッシュライトさえ持ってないよ。慌てない。慌てないよ。え。。。クイズゲームか?正しい答えてを選ばないと。それから、ドアが開く。よし、これは楽しいかも。

くそ!ドアが開くの時に、ポケモンはどんどん来るよ。そして、ポケモンを倒したの時に、このドアが閉める。ウザイだ。ポケモンを三匹倒した。それから、ぬしポケモンが来た!このポケモンはクワガンオンっていうですね。かっこいそうだ。いつか、このポケモンを掴みますかな。とにかく、コチャマ、頼むよ!わ~、コチャマはこのポケモンを速く倒した。じめんタイプなポケモンがすごいだ。あっ、電気が戻った。今、僕たちはここに出かけてできます。マーマネ君、そのデバイスを直してください。

マーマネ君は僕にデンキZをもらいた。そして、ムーレインさんは僕にハガネZ をもらいた。ムーレインさんからマスクも手に入れた。このマスクは。。。ちょっとおなじみ。。。ちょっと待って!覚えた!やっぱり、ククイ博士はレスラーロヤルだった!マリエ庭園に戻らないと。そして、ククイ博士にマスクをあげらないと。お、従兄弟ククイ、君のレスリングキャリアを説明するの時間だよ。

HIBIKI’S JOURNAL

So, Sophocles made a device to call the Totem Pokémon. It is called Ping Totem Pokémon 2.0. Sounds interesting. He is a genius. Or not. The lights went out when he turned the device on. Plus, since the doors run on electricity, we can’t leave this room. He doesn’t even have  a flashlight. Don’t panic. Don’t panic. A quiz game, huh? I must choose the right answer so the doors will open. Okay, this might be fun.

Darn it. When the door opens, Pokémon keep appearing. Then, after I defeat the Pokémon, the door closes. Annoying. I defeated three Pokémon. Ah, the Totem Pokémon is here! Vikavolt, huh? Looks cool. I wonder if I could get one someday. Anyway, Kochama, I’m counting on you! Wow, Kochama defeated them quickly. Ground type Pokémon are awesome. Ah, the power is back on. Now we can leave. Sophocles, please work on that device.

I got an Electrium Z from Sophocles. Then, Molayne gave me Steelium Z. Molayne also gave me a mask. This mask look familiar… wait a minute. I knew Professor Kukui was Wrestler Royal! I guess I’ll go back to Malie Garden and give this mask to Professor Kukui. Oh, Professor Kukui, it’s time to explain your wrestling career.

In conclusion, I hope that this series is helpful with your journey to learning Japanese and/or taking an interest in the country’s culture. Until then… また来週!

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create your website with WordPress.com
Get started
%d bloggers like this: